BLOG

日々の出来事

2024.05.15

ガラスブロックのメリットとデメリットとは?導入前に知っておこう!

インテリアや建築に情熱を持ち、ガラスブロックの採用を検討している方もいらっしゃるでしょう。
本稿では、ガラスブロックの魅力を掘り下げ、それが居住環境にもたらす影響を解き明かします。
そして、その選択に際して考慮すべき点も詳述します。
ガラスブロックの採用を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

□ガラスブロックの魅力とは?

ガラスブロックはただの建築材料ではありません。
その美しさはもちろんのこと、数々の実用的な利点を兼ね備えています。
では、ガラスブロックが提供する具体的な利点とは何でしょうか。

1:防犯性の高さ

ガラスブロックの最大の特長は、その防犯性にあります。
二重の厚いガラス層で構成されているため、破壊するのは非常に困難です。
鉄筋が目地部分に施されているため、破っての侵入はほぼ不可能といえるでしょう。

これは、安全性を確保しながらもスタイリッシュな空間を演出したい方にとって、絶大な魅力と言えます。

2:断熱性・遮音性の高さ

また、ガラスブロックは高い断熱性と遮音性を備えています。
中空構造のため、外部の騒音を遮断し、内部の温度を維持する効果があります。
これは、快適で静かな居住環境を求める方にとって、非常に有益な特性です。

これらの特性は、ガラスブロックをただのデザイン要素ではなく、居住環境を向上させる実用的な選択肢として位置づけます。

□ガラスブロックのデメリットとは?

しかし、ガラスブロックを選択する際にはいくつかのデメリットも認識しておく必要があります。
どのような問題点が考えられるのでしょうか。

1:重量と施工の困難さ

ガラスブロックの重要なデメリットの一つは、その重さにあります。
特に、強度を確保するために厚みのあるガラスブロックを使用する場合、施工が難しく、費用がかさむことがあります。
このため、ガラスブロックの導入を考える際には、建物の構造や予算面での検討が必要となります。

2:施工業者の限られた選択肢

また、ガラスブロックを扱う業者が限られているため、適切な施工業者を見つけるのが難しいこともあります。
実際の施工経験があるスタッフの有無や、建築物の強度を調べる時間など、作業の受け付けが困難な場合もあります。

3:DIYの高コスト

ガラスブロックの購入費用や作業道具など、出費が高くなる傾向にあります。
質の良い材料を選ぶと、それだけ費用が増加します。

□まとめ

ガラスブロックは、その美しさと実用性を兼ね備えた素晴らしい建材ですが、重量、施工の難しさ、コスト面といったデメリットも存在します。
これらのポイントを踏まえ、賢い選択をすることで、快適で安全、そして美しい居住空間の実現につながるでしょう。

当社は、プラン提案から設計、施工、アフターメンテナンスまで「自社一貫施工」にこだわる建築事務所です。
岡山県倉敷市周辺で注文住宅をご検討の方はぜひ当社にご相談ください。

Category: お役立ち情報
TOP

資料
請求

施工実例など詩音建築の家づくりを
まとめた冊子を差し上げます。

無料
お気軽にご相談ください
お問合せ・資料請求