BLOG

日々の出来事

2024.04.1

マイホーム計画に役立つ!ヒートショックを防ぐ家づくりの秘訣

健康と快適な生活環境に価値を置く家庭にとって、ヒートショックは無視できないリスクです。
マイホーム計画中、または改善を求める方々が、家族をこのリスクから守りたいと考えるのは当然のこと。
この記事では、ヒートショックのリスクを理解し、それを防ぐための家づくりや改善策を提案します。

 

□ヒートショックの脅威を知ろう!

 

1:ヒートショックとは何か?

ヒートショックとは、急激な温度変化によって血圧が不安定になり、脳卒中や心筋梗塞などを引き起こす可能性がある現象です。
特に自宅内での発生が多く、その危険性は高いと言えます。

 

2:ヒートショックの危険性

 

日本では年間1万人以上がヒートショックにより命を落としています。
この数字は交通事故による死亡者数の3倍にも及び、深刻な社会問題となっています。

 

3:ヒートショックになりやすい場所

 

特にお風呂場とトイレが危険です。
冬場、これらの場所は温度差が大きく、ヒートショックのリスクが高まります。

 

□マイホームでヒートショックを回避する方法とは?

 

1:高断熱の住宅設計

 

マイホームを計画する際には、まず高断熱住宅の構築を心がけることが重要です。
外壁や内壁に断熱材を施すこと、そして断熱性の高い窓を選択することによって、住宅全体の断熱性を高められます。
この高断熱性は、室内の気温を一定に保つことに役立ち、結果としてヒートショックのリスクを著しく減少させます。

さらに、高断熱住宅は夏場の外気温の影響を受けにくくするため、エアコンの効きが悪くなるのを防ぎ、室内の快適な温度を維持できます。

 

2:浴室やトイレの暖房対策

 

浴室やトイレに適切な暖房設備を設置することは、ヒートショックを防ぐ上で非常に有効な手段です。
また、トイレや脱衣所にも暖房機を設置することで、これらの場所での温度差を減らし、ヒートショックのリスクの軽減が可能になります。
さらに、温水洗浄便座の導入は、寒い時期におけるトイレ使用時の不快感を軽減し、ヒートショック防止にも寄与します。

 

3:床暖房の導入

 

床暖房を導入することは、家全体を均一に暖める上で非常に効果的な方法です。
床暖房は足元から室内を温めることで、室温を大幅に上げることなく快適な室内環境を作り出せます。
このため、他の部屋との温度差を減らし、ヒートショックのリスクを軽減できるのです。

 

特にリビングだけではなく、浴室やトイレにも床暖房を導入することで、家全体の快適性を向上させられます。
加えて、床暖房は室温の急激な変化を抑えるため、ヒートショックを予防する上で理想的な暖房設備と言えるでしょう。

 

□まとめ

 

ヒートショックは家庭内で起こりやすく、深刻な健康リスクを伴います。
このリスクを軽減するためには、高断熱の家づくり、適切な暖房設備の導入、特に浴室やトイレなどの寒い場所への注意が必要です。
家族の健康を守るためにも、これらの対策を検討しましょう。

当社は、プラン提案から設計、施工、アフターメンテナンスまで「自社一貫施工」にこだわる、職人のいる建築事務所です。
岡山県倉敷市周辺で、家についてのお悩みの方は、ぜひ当社にご連絡ください。

Category: お役立ち情報
TOP

資料
請求

施工実例など詩音建築の家づくりを
まとめた冊子を差し上げます。

無料
お気軽にご相談ください
お問合せ・資料請求